お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【イ サン】61話まで やっぱりテスがすき!

a0156825_221309.jpg


前回のブログは、52話の鈍いイサンにいらいら~ってとこで終了。

しっかし~この回、一気に大どんでん返し~?!
以下いきなり、ネタばれです。
------------------------------------------------

その後、ホン グギョンの妹が側室になるけれど、
その側室は、宮廷の窮屈な暮らし、正室との確執、世継ぎを生むことへのプレッシャーから病に倒れ、帰らぬ人に。

いやあ、それにしてもこのホン グギョンの妹ってのがきれいな顔して実は意地悪な女。
(でもまあチャンヒビンに比べれば、可愛いもんだと思いますが...)
いまいち賢くなく且つ線が細かったのが、チャンヒビンにはなれなかった一因ですな。

それにしてもお世継ぎ誕生のプレッシャーって、どこの時代でもどこの国でもいっしょなんですね。

あの側室の病も、そのプレッシャーによる精神的なものなんじゃないでしょうか。

というわけで59話までは、このホン グギョンネタで、ソンヨン、すっかり存在感が薄くなっておりました。

でも、57話あたりからちらちら登場していた幼いときに生き別れたソンヨンの弟が60話でクローズアップ。
それにしても、そこからまさか側室への道が開けることになるとは!

a0156825_22151843.jpgしかも、その道を開いたのは、テス!

ああ~なんてかわいそうなテス。007.gif
だって、ソンヨンがあのかわいくてぱっちりした目をうるうるさせながら
「お願い、ウク(弟)を助けて!」 
なんていわれた日には、自分の職もなげうって、彼の逃亡を助けちゃうんですもの。
陰謀とはいえ、逆賊としてつかまりそうになった弟なのに。

そして、その後、弟が所属している学派が逆賊ではないことがわかり、再び盛り上がる側室選び。

そんなときテスが王様に
「王様、ソンヨンはずっと王様のことを慕っていたのです」

あんた、そんなこと言っていいの?
もうかわいそうで、そのシーンは涙が出てきちゃいました。

そして、弟と貧しい人たちの炊き出しを手伝うソンヨンの元に王様がやってきます。

ソンヨン:「王様、こちらになにしにいらしたんですか?」

そのとき私は王様と一緒にこのセリフを思わず口にしていました。
 「そなたを迎えに来た」 
いやあ、最近ベタなストーリーのセリフが、話す前にわかるようになってきてしまいました~
これもストライクラブのおかげかしら^^;

ところで、ソンヨンの弟がキリシタンだったので、逆賊扱いされることになるのですが、
朝鮮王朝も儒教の国だったから、キリスト教徒って迫害されていたんですね。

でも現在、韓国ではキリスト教徒が多くて「儒教の国」といわれながらもうまく?共存してますよね。
[PR]
by marone115 | 2010-10-19 22:11 | ・イ サン