お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:★ラブストーリー( 5 )

a0156825_18392586.jpg

はじめに...
5月からプライベートでPCを開くのがとてもつらくて、
ずっとブログをほうっておきましたが、
7月にハードな会社勤めにピリオドを打ち
やっと今、また再開する気持ちになりました。

またよろしかったら、ご訪問くださいね。♪

というわけで、その第1弾がヘッダー画像の
 「逆転の女王」 2ヶ月ほど前にすでに完走したドラマですが...

再スタートにふさわしいお話じゃないかなと思い、
ブログを書いてみたくなりました。

実はこのドラマ、まったく前情報を入れておらず、
しかもあまり期待もせずに録画してました。

でも見始めたら面白かった~。
恋愛部分はもちろんですが、仕事や会社組織などの問題もなかなか興味深かったです。

以下ネタバレありです。
--------------------------------------------------------------------------------
【恋愛部分】
ジュンス(チョンジュノ)とテヒ(キム ナムジュ)が結婚するけど別れて、また再婚するのかなあ~
なんて思っていたんですが、
ちょっと今までの私が視聴してきたコンサバなストーリー展開と違ってました。
まあ、パクシフssiが失恋するわけないですもんね。

シフssiとナムジュさんの恋愛は多くの方がすでにふれられているので、
ここではあえて触れません。(笑)
私はイジワルなようでジュンスに一途なヨジン(チェ ジョンアン)も
お気に入りでした。
ヨジンにも幸せになってほしかったです。

だから最後にジュンスと結ばれたのはできすぎ~と思ったけど、
ハッピーエンドなのがよかったですね。
---------------------------------------------------------
【仕事部分】
いろんな妨害やイジメにも敢然と立ち向かう強い女、主人公テヒ!には、
もちろんエールを送っていましたが、

私が特に注目していたのが、
出世のためならどんなことでもいとわない!
 ☆ハン常務☆ 
現代版ジャミ夫人@海神???

雰囲気や話し方もジャミ夫人そっくり~(笑)
ジャミ夫人とひそかに呼んでおりました。
髪型こそシンプルなボブスタイルでしたが、
服といい、アクセサリーと言い、超大胆、お派手~

毎回毎回、そのファッションスタイルは、
テヒのステキなピアスとともに楽しみでした。

ハ ユミさん、これから要チェックだわ!
---------------------------------------------------------
【社員たち】
これまた個性派ぞろいでした~。
特にお気に入りだったのが...

☆不治の病で亡くなってしまう平田満、じゃなかったモク部長
最初うざかったけれど、
電車の中で自分の病気のことを話して、企画のプレゼンを任されたユギョンのあがり症の克服に
一役買うシーンは涙、涙。
後半はけっこう主役を食ってたような気がします。

☆ヨンシク(パク シフ)の秘書、カンウ
ヨンシクの後輩のクセにすっごい生意気。でもいざとなると彼を助けるイイヤツなんですよね。
なぜか冬ソナのキム次長やパリ恋のスンジュン秘書を思い出しました。
最後にユギョンとカップルになれてよかったね。

あ、それと私的にはファザコン娘のギップムも憎めなかったですね。
(今視聴中の製パン王キムタックにも出演中)
[PR]
by marone115 | 2011-09-19 18:44 | ★ラブストーリー
a0156825_2358714.jpg


明日から(正確に言うともう今日)3泊4日台湾で~す。

一時病気のように年に3回くらいは海外旅行に行っていたのですが、最近のこの不景気。
さすがの私も、自粛しておりました。

しかし、もうだめ。耐えられない!

a0156825_00247.jpgというわけで、3月の香港に続いて、明日は「台湾」。


しかも台湾はお初。
前回の香港がかなりの不発でしたので、今回は楽しみなんです。



台北市内もよいのですが、私の一番のお目当ては、

そう、タイトルのドラマのロケ地にもなった
九フン!


a0156825_015831.jpgあのドラマでは、しっとりとした雨の雰囲気がとってもよかったですよね。
それにあのころは、ハヌルとヨンハ君との2ショットが多かったような。
二人が一緒になるのかなって一瞬思ったくらいでした。

ガイド付のナイトツアーを選んだので、あのオンエアーのような雰囲気が味わえるかも...

あ~、楽しみです。
思わずあのヨンハ君のテーマ曲口ずさんじゃうかもしれない!

a0156825_0145078.jpg本当はタロコ峡谷や日月潭にも行きたいんですけどね...。
時間の都合で、これは次の機会に!

ところで、九フンといえば、「非情城市」

私の大好きな映画のひとつです。
そして、宮崎駿の代表作のイメージにもなったところですよね。
(と言っても、わたしはあの映画見てないのですが。)

というのも、「オンエアー」からは(かなり?!)脱線しますが、

この映画の主人公の女の子の名前が、実は私と同じ名前(漢字も一緒)。
映画の封切前までは、私の名前を一発で言えた人はほとんどおらず、
この映画のおかげで、名前を言うときも

a0156825_094050.jpg「あの映画の...」

というだけで、わかってくれるし、

今じゃ、香港や中国で、名前を書くと

「ああ~千と~でしょ?」などと話のきっかけもできたりして、
かなり恩恵を受けているのですが、

今までに私と同じ名前の人に会ったことがないだけに、
あの映画の女の子そのもののイメージを受け入れられるのだろうか...

と思うと、なんとなく見たくなくて今日に至っています。
台湾から帰ったら、見たくなるかな...。

4日の午後には日本ですので、5日にはブログ上げられそうです。

では、では、行ってまいります。
[PR]
by marone115 | 2010-05-01 00:02 | ★ラブストーリー

a0156825_2219456.jpg先週の土曜は、天気もよくて気持ちもUP!
「よ~し、春だからラブコメ見るぞ~」
な~んて、いさんでTSUTAYAに行ってみたら、

このドラマが呼んでたんです、私を!

まったく知識や情報皆無だったんですけど、

・1本100円キャンペーンやってた
・4話で完結という短さもよいのではないか?
・私の好きなワインがテーマ

という理由で、借りることに。

a0156825_2264042.jpg後でDVDのカバーをよくよく見たら、
キム ジョンファさん主演だったんですね。

トックおじさん@チャングムことイム ヒョンシクさんも
登場してました。

後の俳優さんたちは、見たことはあるかも?
と言う程度で、なにせ視聴ドラマの本数があまり多くないので、知らない俳優さんたちでした。

で、見ての感想は、

「すっごいオススメ!」ってほどじゃなかったけど、

フレンチのコース料理でいえば、お肉とお魚の間に、柑橘系のシャーベット?

またはワインで言えば、軽めのボージョレーヌーボー?

a0156825_2283311.jpgそんな感じで軽~いタッチで見られる楽しいドラマでした。

テーマ曲は、ピアノと女性のスキャット、
赤、青、白のトリコロールのリボンがからんで、
小粋なパリの雰囲気。

舞台になっているフレンチレストランの名前は、
ムッシュ ディアボロ(-Diavoloとはイタリア語で悪魔)

なんと、あの懐かしいオカルト映画、「オーメン」を思い出すようなシーンも。

a0156825_2295197.jpg
小物ではまたあのブタの貯金箱や(と言っても、今回のブタはちょっと不細工でかわいくな~い)
あのベルギーのビスケットも登場します。
同じテーマの「テロワール」とつい比べてしまいますが、
私は、こちらのほうが好きかも...

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-04-15 22:44 | ★ラブストーリー
a0156825_21145046.jpg


ここのところ、一気見してた大王世宗がもう思いっきり重くて、
重くて。007.gif
(39~44話までの上王の粛清部分)
テレビのカット版でもあれなんだから、ノーカット版なんか見てたらもっと、落ち込んでたかも...

っていうくらい精神的に来ました。
(仕事も絶不調だったことが輪をかけていたのですが。)

で、昨日はず~っと見ようと思いながら、見られなかったこの映画に救いを求めました。

結果、見てよかった~

思いっきり癒されました。

ちょっと前の懐かしいフランス映画のよう。

a0156825_21154175.jpgまずあのシンミナちゃんを見た瞬間、
「ん?アメリ???」
まるで韓国版のオードレイ トトゥ。


a0156825_21164478.jpgそして「ベティブルー」のころのベアトリス ダルみたいな雰囲気ももっていて、

2人の男を手玉に取る姿は、まさに「femme fatale」ファムファタール

悪女っぽく見えない「天然」無邪気な女の子ってのが罪なんですよね~

みんなで屋外でランチをしたりするシーンは、
まるで「田舎の日曜日」の一こまを切り取ってきたみたい。

そして、ジフニがキッチンで料理する姿は、
う~ん...なにかフランス映画であったみたいな感じがするけど思い出せない。

あの駐車場でのフランス語と韓国語がまじった歌がまたよかったです。

a0156825_211915.jpg

全体的な雰囲気は、小林里美さんの映画「かもめ食堂」にも似ていて、
(そして、「バベットの晩餐会」も思い出したりして)
私の好きな映画のおいしいところを少しずつ切り取って気まぐれにパズルをはめていっているような、そんな映画でした。

ふわんとした、ああいうエンディングは賛否両論ありますが、
私が好きだった60年代後半~70年代にかけてのヨーロッパの映画テイストです。

でも市場のシーンを見て、あ、やっぱりアジアだなって。
そして、アナログのレコードプレイヤーから流れる音楽は、シャンソンではなく、韓国の演歌!

なんだかふわ~んってファンタジックで、元気になれた気がします。

そして大王世宗も、また復活できそうです。

でも...やっぱりそろそろnew「ラブコメ」行きたいと思いま~す。

最後にこのDVDをすすめてくれたmamiさん、
改めてこの場を借りて
「カムサハムニダ053.gif
[PR]
by marone115 | 2010-04-06 21:28 | ★ラブストーリー
a0156825_026791.jpg

明日から香港へ行ってきま~す。
といっても、3泊4日だから
 「あっ」という間に帰ってきますけどね~

香港大好き女の私は、仕事も含めて、いったい何回行ったことでしょう。

15回(って中途半端な数)は確実に行ってます。 

しかし、いまだにピークトラムに乗ったことがない。
それから、滞在は香港島が多くて、九龍サイドはあまり知らない。

あ、でも30代前半のころ、「恋する惑星」の舞台にもなった
重慶マンションに泊まったことがありました。

まあ、日本の古いマンションみたいでしたよ、部屋は。
それより、部屋を一歩出ると、小さなオフィスやら食堂の厨房とか
通って外に出るのが楽しかったです。

さすがにこの年齢では、あそこには泊まりたくないですが。
(ってもう皆さん、私の年齢はごぞんじですよね?)

スケジュールは、
午後便で夜 香港到着
20日:広州へ 夕方は中環で香港人の知人と会います。
21日:香港散策
22日:午前便なんだけど台北経由で夜着

中2日しかゆっくりできないのですが、
今回ちょっと楽しみなのが、広州です。

というわけで、広州といえば、標記のこの映画!

a0156825_0293812.jpg

中国に返還される直前の香港を舞台に、広州から出てきた中国女性(マギー チャン)と
天津から出てきた男性(レオン ライ)が、香港で知り合い、恋仲に。
でもお互いにパートナーがいて...

というストーリー。

a0156825_0355869.jpg彼らを結びつけるのが、「テレサ テン」の歌。

この映画を見ていると、本当にテレサって香港で大スターだったんだなあって実感。
香港に行くと必ず口ずさんでしまうのが、「時の流れに身を任せ~」です。特にスターフェリーのデッキで海を眺めながら、歌うのが最高!(って、周囲は退いてますが。)
ちなみに韓国に行くと、冬ソナのMY MEMORYが自然に口をついてでてしまう。(と言っても、メロディだけですが)

もう10年以上前の映画になりますが、
お気に入りの一つで、今でもときどきDVDに落としたテレビの録画(BS2)を見ることがあるんですよ。

香港映画が好きで、まだ未視聴の方、ドラマチックな展開が好きなら、ぜひ!

ここでちょいと脱線-
香港って日本の歌があふれてますよね。
映画の中では、彼女(テレサ)が歌う、過去にアンルイスがカバーした「グッバイマイラブ」とかクールファイブの
「長崎は今日も雨だった」の広東語バージョンが流れますし、レスリーチャン主演の「君さえいれば」でも、歌手のオーディションのシーンで「それが大事」を歌っていた人がいましたし。

では、明日からしばしお別れです。
ブログチェックもしたいけれど、安いホテルだから日本語FONTが入っていないのではないかと。

また帰国したら、香港通信しますね~

 では、いってきま~す!
[PR]
by marone115 | 2010-03-19 00:30 | ★ラブストーリー