お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ: ・イ サン( 20 )

a0156825_225432.jpg

今週ちょっと仕事があいたので、また久々のブログ更新です。^^;

前回、お正月視聴した番組について書きましたが、実はその後HDDにたまっていたのもので、こんな番組を発見!
↓  ↓  ↓
BS歴史館「美しく悲しい女の戦い~王妃たちの朝鮮王朝~」

3人の王妃が紹介されていて、
a0156825_2262884.jpg 当然「チャンヒビン」 はアリよね!って思ってたら、その予想は当たりました。

ほかに、嫉妬に駆られて側室の元にいる王様のお顔を
恐れ多くもひっかいて廃妃になってしまった王妃(名前は失念)


それから、あのイサンで彼を追い落とそうとした影の黒幕、15歳で66歳の英祖に後妻として嫁いだ貞純王后が登場。

a0156825_2265955.jpgドラマでは、正祖(イサン)が彼女を失脚させサンがいろんな改革をやってめでたし、めでたしって感じでしたが、
実際の歴史は、サンは政治改革途中、志半ばにして49歳という若さで亡くなってしまうんですね
そのとき不死鳥のように再び現れるのが、貞純王后!
世継ぎの王子が幼いことをいいことに、彼の摂政役となり、朝鮮王朝の最高権力者にまでのぼりつめ、彼女の一族、金氏の天下になったんだとか~。 この番組を見て、初めて知りました。
長生きはするもんですね!サンの時代には苦い水を飲んでいた貞純王后、最後には巻き返したんですから~。
まさに終わりよければすべてよし!
韓国得意の主人公不在のイサンの没後って言う番外編(エピソードも)見たかったかも....(笑)

a0156825_2271930.jpg一方、不遇な晩年を送るのが、「トンイ」にも、登場しているチャンヒビン
ちょっと話がそれますが、チャンヒビンの策略により一度王宮を去ることになった王妃はその後再び王宮に戻ることになり、今では王の墓の隣に眠っているんですね。
これまた終わりよければすべてよし。
で、チャンヒビンのお墓はそこから大分離れたところにありますが、花を手向ける人は多いとか!(爆)

それにしても、キム ヘスさんの強烈なイメージがぬぐえず、イ ソヨンさんだと、いまいち迫力に欠けるのか、3大悪女の一人という感じがしませんねぇ。

私見ですが、イ ビョンフン監督の人物の描き方はとてもマイルドで、悪役もその人自身というよりもその人の生い立ちや周囲の人物によって悪に手を染めてしまったという描き方が多いように感じます。

まあそれはおいといて、今BSで放送中のトンイ、次回ではついに、あの手の暗号の意味が判明しそう、楽しみです♪
[PR]
by marone115 | 2012-01-20 21:47 | ・イ サン
a0156825_23224176.jpg



いきなりネタバレで始まりますので、要注意ですよ~。


ソンヨンは、ついに王様と結婚したけれど、
やっぱりヘビン様にはつらく当たられてかわいそう~

しかもヘビン様ったら、私が知らないうちにファビンとかいう別の側室を見つけてくるし。

a0156825_23235836.jpgだから、結婚するなら姑とかしがらみが少なくて、
生活も自由なテスと一緒になるほうが幸せになれると思うんだけどねえ~。
(ってまだしつこく言っている私。)

まあ、好きで一緒になったんだから、「忍耐」しかないわよね。

でもって、チョビはやっぱりヨンノ@チャングムだったわ~
ちゃっかりソンヨンのお付のサングンになって、出世をもくろんでいるとは!

でも66~67話の主役は、この方!
  ↓ ↓ ↓

More
[PR]
by marone115 | 2010-11-29 23:30 | ・イ サン
a0156825_221309.jpg


前回のブログは、52話の鈍いイサンにいらいら~ってとこで終了。

しっかし~この回、一気に大どんでん返し~?!
以下いきなり、ネタばれです。
------------------------------------------------

その後、ホン グギョンの妹が側室になるけれど、
その側室は、宮廷の窮屈な暮らし、正室との確執、世継ぎを生むことへのプレッシャーから病に倒れ、帰らぬ人に。

いやあ、それにしてもこのホン グギョンの妹ってのがきれいな顔して実は意地悪な女。
(でもまあチャンヒビンに比べれば、可愛いもんだと思いますが...)
いまいち賢くなく且つ線が細かったのが、チャンヒビンにはなれなかった一因ですな。

それにしてもお世継ぎ誕生のプレッシャーって、どこの時代でもどこの国でもいっしょなんですね。

あの側室の病も、そのプレッシャーによる精神的なものなんじゃないでしょうか。

というわけで59話までは、このホン グギョンネタで、ソンヨン、すっかり存在感が薄くなっておりました。

でも、57話あたりからちらちら登場していた幼いときに生き別れたソンヨンの弟が60話でクローズアップ。
それにしても、そこからまさか側室への道が開けることになるとは!

a0156825_22151843.jpgしかも、その道を開いたのは、テス!

ああ~なんてかわいそうなテス。007.gif
だって、ソンヨンがあのかわいくてぱっちりした目をうるうるさせながら
「お願い、ウク(弟)を助けて!」 
なんていわれた日には、自分の職もなげうって、彼の逃亡を助けちゃうんですもの。
陰謀とはいえ、逆賊としてつかまりそうになった弟なのに。

そして、その後、弟が所属している学派が逆賊ではないことがわかり、再び盛り上がる側室選び。

そんなときテスが王様に
「王様、ソンヨンはずっと王様のことを慕っていたのです」

あんた、そんなこと言っていいの?
もうかわいそうで、そのシーンは涙が出てきちゃいました。

そして、弟と貧しい人たちの炊き出しを手伝うソンヨンの元に王様がやってきます。

ソンヨン:「王様、こちらになにしにいらしたんですか?」

そのとき私は王様と一緒にこのセリフを思わず口にしていました。
 「そなたを迎えに来た」 
いやあ、最近ベタなストーリーのセリフが、話す前にわかるようになってきてしまいました~
これもストライクラブのおかげかしら^^;

ところで、ソンヨンの弟がキリシタンだったので、逆賊扱いされることになるのですが、
朝鮮王朝も儒教の国だったから、キリスト教徒って迫害されていたんですね。

でも現在、韓国ではキリスト教徒が多くて「儒教の国」といわれながらもうまく?共存してますよね。
[PR]
by marone115 | 2010-10-19 22:11 | ・イ サン
a0156825_012266.jpg
このドラマの記事を上げよう、上げようと思いつつ、1ヶ月が過ぎてしまいました。

もちろん見てましたよ。
突っ込みを入れるのが楽しみになってましたし。

でもここんとこ、すっかりソンヨン気分になってしまって、ビョンフン監督の思うツボに
はまっています。

もちろん、それは、サンの側室選び。

で、以下ネタバレありです。
------------------------

王妃はサンが思いを寄せているソンヨン一押しですが、
サンの母上は、ホングギョンの妹をさっさと側室にしちゃう。

でも、サンも世継ぎ問題に関しては、
「母上や王妃にお任せする」と言っておったではないか!

それなのに、ソンヨンへの気持ちを抑えきれず、
ソンヨンに向かって、
「お前も私と同じ思いでいると思っていたが、それは違うのか?」

a0156825_0142692.jpg心の中ではもちろん同じ思いであることは言いたくても言えないかわいそうなソンヨン!
だって、本心を言ったら、またヘビン様にいじめられちゃうもの。007.gif

あ~サン、鈍すぎ!

どうしてあなたは、ソンヨンの気持ちがわからないの?

あなたのその鈍さが、
ソンヨン、王妃、そしてホングギョン妹の3人の女性を苦しめているんです!
というわけで、思いっきり切ない気持ちになっている今日この頃。

一方、政治面においてのサンは、あの宮中での暗殺未遂事件を機にノロン派たちに毅然とした
態度を取るようになりましたねえ。

私は、その変貌ぶりにちょっとびっくりしましたが...。

そして、いくらホングギョンが賢くて、気がつく男だとしても、、
政務報告会に理由もいわず彼を欠席させるのは、酷ですよ~

もしかしたら、そういうサンの行動や態度も、ホングギョンが身を滅ぼしていく
一因になっていくのではないのかしら?

来週あたりは、ついに大妃(テビ)様と手を結びそうだし。
面白くなってきました。

そして、
a0156825_0121686.jpgチョンフギョム亡き後は、プドゥクブル@朱蒙(声優さんも同じ人みたい)
そしてサブク@大祚榮とクセのある悪役に、トックおじさん@チャングム(声優さんも
同じ方)阿子太子@薯童謡(彼は大祚榮にも出演してましたよね)といった
ビョンフンメンバーが増えて、さらにグレードアップ!

でもトックおじさんまで出演する必要、あったかしら?
だって、今回はイ ヒドさんがお笑い系なんだから出なくてもいいと思うんだけどな...。

でもトックおじさんの下で修行したイチョン様は、春画の大家になるのかしら?
[PR]
by marone115 | 2010-08-18 23:58 | ・イ サン
a0156825_173589.jpg

それがだれのことか、46話ご覧の方ならもうお分かりでございましょう。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-07-18 01:08 | ・イ サン
a0156825_2319346.jpg


土曜から日曜にかけてなぜか私が見たテレビは、クーデタがらみの話ばかり。

先に書いた「光州事件」その後「蒼穹の昴」、そして「イサン」
しかもいずれもクーデタを起こした側が、負けちゃうんですよね。

「光州事件」についてはすでに書いたのでここではふれませんが、
「イ サン」のチョン フギョムとファワン様、そして貞純大妃
(チョンスンテビ)
みんなこのままあっさりと幕引きしちゃうんでしょうか...

そして「蒼穹の昴」は、あの春児と文秀の兄弟はどうなってしまうんでしょう。
なんだか私の大好物である「悲劇的な最期」の予感。007.gif

自宅に逃げ帰ってきた文秀がなかなか捕らわれないのが不思議でしたが、
それよりもさらにナゾだったのが「イ サン」ですな。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-06-28 23:17 | ・イ サン
a0156825_2042145.jpg


先週の金曜から、イサン、ノーカット字幕版がスタートしました。
私は、文句言いながらも録画してまた見てしまいました。

なんだ~、私って相当「イサン」が好きなんじゃないの~

でもって、子供時代(第2話)にも大人になってからデートしたときと同じようなシーンがあったんですよね~

忘れてました。

そう、ソンヨンが恐れ多くも世孫さまに向かって

 「サ、サン!」 
と呼びかけるシーンです。

大人のシーンはこちら。 
子供時代のシーンもほとんど同じせりふで、かわいいわ~。

たぶん、突っ込みたくなってきたのは、あの王様のご病気くらいからかな。

でも、イサンの甘度を測るためにも今日も見る私。

a0156825_20441034.jpg今週も相変わらず甘さ100%のサンですが、
ストーリー展開は、はらはらドキドキのサスペンスタッチにできていて、
あっという間の1時間でした。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-06-22 20:30 | ・イ サン
a0156825_21184266.jpg


昨日午後5時から、hi-visionでNHK主催のイ ソジンのファンミ
イ ソジンin大阪をやっていましたね。

a0156825_21193541.jpgどうせ、6月18日からノーカット字幕版、しかも2話連続で放送の
番宣がらみだとは思っていたのですが、つい、見てしまいました。

いやあ、やっぱり彼はエクボがいいですね~
顔と言うより、エクボにうっとりです。
45分でまとめてありましたが、なかなかよかったと思います。
NHKのアナウンサーと一緒にMCやってたアン ミカさんがまたとってもステキで~

彼の熱烈ファンというわけではないので、
この番組で、彼が中学の短期留学を経て、高校~大学までアメリカで
勉強していたことを知りました。
(私の知識は「茶母」の主役で、キムジョンウンの元カレということくらい.^^;)

ってことは彼って、かなりのお金持ちのお坊ちゃまクンなんですね。

a0156825_2120321.jpgで、NHKのイサンのHPの他のキャストを見てたら...
あら~ハン ジミンちゃんって私と誕生日が一緒(月日だけですよ、もちろん。)
こんな美人さんと同じ誕生日だなんて、ちょっとうれしい。

ってまたまた、脱線しましたが、

この番組、18日の金曜午後7時から再放送するみたいなので、見逃して興味がある方はどうぞ~

で、同日の22時からはノーカット字幕放送がスタート。
あれだけこのブログで文句言いながら、録画予約してしまいました...
(DVDに落として、後でゆっくり見ようかなと)

でもこの吹き替え版は、リタイアしません。
だって、もう44話まで来てるんですから...。

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-06-14 21:16 | ・イ サン
a0156825_23415780.jpg

このドラマの前夜の「蒼穹の昴」では、引退した西太后と息子の光緒帝がいまだに腹の探りあい。
周囲も巻き込んだ権力闘争を繰り広げ、それこそ「生きるか、死ぬか」の一触即発状態だというのに、

サンと英祖の間は、なんと美しい親子愛(祖父孫愛?!)に満ち満ちていることでしょう!

これはジャンルとしては史劇だけど、内容はちと違う
う~ん、異色のホームドラマ?

以下ネタバレになります。

More
[PR]
by marone115 | 2010-06-09 23:42 | ・イ サン
a0156825_025441.jpg


先週は、天候のせいなのでしょうか、いつもの眼精疲労に倦怠感が加味され、PCを開くのが結構きつくて。
それで、1本も記事書けず~(他のブロガーさんにコメは入れたりしたのですが。)

今日も実はPCを開くのはやめようかと思っていたのですが、
先ほどのイサンを見て、やはりこれは書いておきたい!
と思い、PCのスイッチをつけてしまいました~

ここのところ、本ストーリーよりもなにかしら突っ込みを入れることが中心となっていたこのドラマ、

今週は、まさか、そんなことはないよね...と思っていたことがそのとおりとなり、
あの結末に叫んでしまいました!

 「アンビリバボー!」 
以下、突っ込みどころを入れながらネタバレです。

その前に、今週なんか「イサン」の特番やってたみたいですね。
明日その再放送があるみたいだし、6月にもイ ソジンin大阪ってのもあるみたいですが
う~ん、しかし、見る気力が残っているかどうか...。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/isan/index.html

ではネタバレへどうぞ

More
[PR]
by marone115 | 2010-05-24 00:12 | ・イ サン