お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:・千秋太后( 4 )

a0156825_1925984.jpg


あ~すでに12月も後半になってしまいましたね。
私ときたら、今月まだ1本も記事上げてなかったです。008.gif
(気にはなっていたのですが、記事を書く気力がでず...)

皆さん、本当に偉いです、マメに更新されて。

というわけで、
千秋太后、2週間前見終わったのですが今日記事上げです。

前回では、千秋太后における大きなテーマ2つについて語ってしまいましたが、
今回のテーマは魅力的なキャスティングです。

以下、ネタバレありですのでご注意ください。

--------------------------------------------------------------

a0156825_1942749.jpgダントツこの人!でしょう。

最初~中盤までは千秋太后に対する女性への愛が、
そして後半は、彼女への主従愛にあふれていました。

彼のシーンになると男性のテノールのハミングの曲が流れてたんですけど、
これがまたよかった~♪

前半を見ていたときは、ちょうど「犬とオオカミの時間」も同時視聴していたので、
いつもマオに向かって「カン教官(ぎょうか~ん)」と叫んでおりました。

私はマオにはときめかなかったけど、
カン教官、その後昇進したカン将軍(チャングン)には思いっきり萌え~053.gifでした。

最後に彼が槍を持ったまま死んでいた姿は、「牛若丸を守るために門で仁王立ちしたまま死んだ」
という弁慶を思い出しました。(たとえが古臭いかしらん。)
もう涙、涙、感動の嵐。 007.gif

それにしてもなぜ千秋太后は、なぜにキム チヤンだったのか。
カン教官のほうが全然ステキだったのに...。

a0156825_1954916.jpgそして2番目はこの人
サイルラ

実はこのGWに台湾に一緒に行った女の子が、この子にそっくりなんです。
で、いつもサイルラを「アスカちゃ~ん(→その子の名前)」と呼んでいました。

可愛い顔にドスの効いた声、そのアンバランスさが魅力でした。
しかも格闘シーンもとてもカッコよくて。

キム チヤンのことが好きなのにその思いを告げることなく、
自分の甥をキム チヤンの息子の身代わりに見立てて、その子と一緒に谷から身を投げその一生を終えます。

カン教官へ思いを寄せる義妹ヒャンビと二人で
「私たちは境遇が一緒ね」
というシーンがあるけれど、
サイルラは
「でもあなたはまだ結ばれる機会があるじゃない。でも私は...」

そうです!ヒャンビは、後にカン教官の妻になれたんですから~

あ~なんてかわいそうなんでしょう。
好きな人と決して結ばれることがなかったヨンムン@海神から「女ヨンムン」という別名をつけてあげました。

彼女はクールそうでいて、実はとても情の厚い女の子。
キム チヤンに千秋太后の義弟ワンウクの子(後の大良院君)を殺すように命じられたけれど、
幼子を手にかけることができず村人に託すことにしたところなど、本当に見ていてその苦しい胸のうちが
伝わってきました。

a0156825_197127.jpgしかも仲良しのヒャンビに自分のことを知られ、「命」をかけて対決することになり、
結局彼女を死に追いやることになってしまう...。

自分たちの願いをそいとげるためにはここまでやらなくてはならないのか!
彼女の心はもうズタズタだったのではないでしょうか。

兄上のサガムンも濃いイケメンで、なかなか私好み
その妻で契丹族のトギョンもやはり一見クールなようで、「女」でした。

a0156825_199050.jpgそしてこの方、契丹族の皇太后様にも注目!
皇太后は、テジョヨンの唐の皇太后と重なる部分が多々あり、
ストーリー展開もテジョヨンが捕虜としてつかまったところなどとよく似ていました。

しかし彼女のもっとすごいところは彼氏がいたことです。
それも息子も認めており、まさに「おしどり夫婦」のような仲よし。

キム チヤンとの仲を息子に認めてもらえない千秋太后は、さぞやうらやましかったことでしょう。

a0156825_19124373.jpgそして最後に、何年経ってもず~っとキレイだったこの方
ヨヌン宮主。
悪役でしたけれど、なぜか私は彼女のことが憎めなかったです。
最初のころは、千秋太后の息子をわが子のようにかわいがって、
でもその子はやはり千秋太后の元へ去っていってしまう。

時代や宮中という中で翻弄されて、その中で性格が悪くなってしまったような...


というわけで、私の千秋太后お気に入りキャストの紹介でした。
(あれ?なぜかチェ シラssiがでてこない。やはり彼女はジャミ夫人でなきゃ)
[PR]
by marone115 | 2010-12-18 18:25 | ・千秋太后
a0156825_2323732.jpg


記事をもう少しまめにあげたかったのですが、
最近までなかなか時間がなくて...

視聴ばかりが進んでしまいました。

a0156825_233345.jpgCMや予告編などでは、主人公のファンボ ス(後の千秋太后)とキム チヤンのロマンスとか
彼女の息子ソンが皇帝になったはいいが、なんと、同性愛に浸ってしまうとか
(同性愛のお相手は今年の私のワーストドラマ「ストライクラブ」でイケメンだけどチャラオ
のヘボピッチャー、今回はなかなか骨のあるキャラでしたが、チャラオの印象がちらついちゃって、
ちょっと感情移入できなかったかも...)

かなりスキャンダラスなところばかりがクローズアップされており、それはもちろん大好物なコンテンツではあったけれど、製作者の意図もはっきりと描かれている「骨太」な作品です。

現在までの視聴をわたし的に見て、大きなテーマは二つ。

1.王としての器量のない人の悲劇
2.古今東西万国共通?! 女帝は息子をだめにする

以下激しくネタバレありです。

1.については、
ファンボ スの兄、成宗と彼女の息子、ソン(後の穆宗)のこと。
二人とも王位に就いたことそのこと自体が、人生の悲劇だったような。

a0156825_2342466.jpg成宗は、優しい性格で平和主義、一方では自分にあまり自信がなくて、
重臣たちの意見に翻弄され、妹たちとの間がぎくしゃくしてしまいます。

特に、「ファンボ スと彼女の息子は一緒にしてはならない。お前を滅ぼすであろう」
という占い師のチェ ジンモの言葉を長年信じて、親子の仲を引き裂いたことが原因で
ファンボ スとの仲は最悪。

彼らの誤解が解けたのは44話、成宗が契丹の側室によって麻薬中毒にされた末期のころ、
まさに彼の死の直前だったわけで本当にかわいそうでした。

そしてファンボ スの息子ソンは王としての生活がいやでいやでたまらず、
なんとか廃位してもらえるように同性愛の芝居まで打っちゃうんですから強烈ですね。
(と言ってもここいらへんは創作らしいですけど。)

王様って権力を持てる一方、「国」を治めるという重責も負っているわけだから、
精神的にかなり強くないとやっていけませんよね。
これは「大王世宗」でも、かな~りシビアに描かれてたなあ~なんて懐かしく思い出していました。

2.については、
このドラマのちょっと前に西太后の時代を描いた「蒼穹の昴」を見ていたのですが、
やっぱりあまりにも母が強いと息子がしんどくなっちゃうのは古今東西どこも一緒なのね~
と思いました。
現代劇では「冬鳥」のユンサンヒョンssiとママかしら
(→え、この格調高いドラマと雑な大映系を一緒にするなって? すみません)

西太后の息子、光緒帝も、一度西太后を排除しようと謀反を企てるんですが、失敗して、
幽閉先でアヘン中毒になって悲惨な最期。

穆宗もやはり千秋太后がいつまでも摂政をしているものだから、面白くなくなり、
もてあましたエネルギーは、放蕩三昧へと向かってしまいます。
で、最終的には自分から身を滅ぼすことになっちゃうんですよね。

a0156825_2352459.jpgまた、「権力」を得たくないと思っていても王族であるがゆえに、
イヤでもその権力闘争に利用されてしまいかわいそうだったのがワンウクとその妻ソル。

ドラマらしく美しい純愛っぽく描かれていましたが、史実によると
「不倫」でしかもそのとき生まれた息子、大良院君は、キム チヤンとの息子を王にしたい
千秋太后に何度も暗殺されそうになったとか。

う~ん、チェ シラさんの千秋太后とえらい違いじゃない。
史実じゃ千秋太后はかなりの悪党ですな。

というわけで、次の記事ではキャスティングをチェック~
[PR]
by marone115 | 2010-11-10 23:05 | ・千秋太后
a0156825_2375486.jpg


いや~なかなかいいです、単純明快、スピーディな展開で。
しかも、今週は早くもラブロマンスがそこここにちりばめられています。
それも私の大好物な、身分違いによる「禁じられた系」が入っているのもいいですね。

といっても、キム ソックンssiとチェシラssiのそれはまだ先のことのようですが。

以下ネタバレです。

------------------------------------------------------------------------------------

この週のテーマは3つ...かな。

a0156825_2382196.jpgまずは、キム チヤン

とにかく先週の終わりからこの週の前半(10話)で、すごくびっくりしたのが、
新羅王族の子孫で新羅の復興を夢見るキムチヤンが、自分の仲間に敵である
明福宮への襲撃を命じながら、自分たちは救世主のような顔をして
(ファンボ)スたちを助け、身内を自分たちの手で殺してしまうエピソード。

しかも殺される側もそれを筋書き通りと承知の上で、笑って死んでいくなんて。
あ~、でもきっと実際こんなこともあったのでしょうね。

王族同士の継承権争いの身内での殺し合いとはまた違う、一種の「狂気」のような
ものを感じました。

しかし、その後、(ファンボ)スの信頼を得て明福宮に入り込んだキム チヤンが、
「果たしてその目標を達成できるだけの器の人間なのか」
とひとりごちたりするところがなんだか人間的でいいですね~

a0156825_23273275.jpgしかも彼が、スの息子ソンに
「母親の気持ちをわかってあげなさい」
と諭し、そのとき、彼に剣をプレゼントしようとしたら

「私に剣は必要ない」
ということばに、ぱっと書物に変わる
手品を見せてくれちゃったシーン、
私は完全に彼にノックアウトされちゃいました~

彼にこれされちゃったら、子供だけではなく、女性もいちころでしょう?

いやあ、もうステキでした。053.gif
(あの「幸せな女」のテソプのイメージが完璧に払拭された→ってくどい!?)

そして2つめとにかく生母と継母との間で揺れ動くかわいそうな息子、ソン(パクチビン君)。

とにかくあの占い師のチェ ジンモssiののろいの言葉で、母子が引き裂かれたことによって
起こされてしまった悲劇。

a0156825_23112462.jpg


二人の母も不憫ですけど、二人の間で気を使うソンが一番かわいそう~。
また彼もぽろぽろとまあ、涙の出し方がすごくお上手なんですよね。
(大王世宗のときの子役の子もそうでしたけど。)

a0156825_23121011.jpg最後は、スの妹ソルとワン ウクの禁断の恋。
でもこの二人は、結局自分たちの気持ちに正直に生きることにしたんですよね。
そうそう、人生は一度しかないんだから、悔いのないようにしたほうがよろし!

おしとやかなようで、実は結構情熱的なソル。
それにしても、女性一人でウクのいる人里はなれた山に入っていくなんて。
どう考えても危ない!普通、殺されているだろう...
とまた、軽く突っ込みを入れながらも、まあ、幸せそうで良かった

でも姉のスはこの二人の結婚を反対しているし、まだひと悶着ありそうですよね。

そして、またまた兄成宗に引き裂かれることになるスと息子、ソン。

 「オモニ~」 
 「ソナ~」 
そして、兄成宗の怒り狂ったドアップ!で、ジ エンド
(やっぱり、韓国史劇はこうでなくっちゃいけません)

でもって来週は甲子園で2週間お休みか~。
ストーリーを忘れちゃいそうですね。

a0156825_23291276.jpg【最後にイ ドクファssi..】
ソリンギ@テジョヨンでは、やたら三つ編みをいじっておりましたが、
このドラマでは、口ひげをもてあそんでおりました。
これって、演技のひとつなのでしょうか?

私には、彼のクセ?みたいな感じがしちゃうんですけど。
[PR]
by marone115 | 2010-08-08 23:07 | ・千秋太后
a0156825_19363793.jpg


先週から始まったこのドラマ。
月~金毎日ですが、現在他のドラマ視聴は週1だし、
このドラマを見始めたら、テレビのカット版ということもあってサクサク、
ストーリーも結構単純明快で見やすいので、現時点では順調に視聴が進んで
います。

以下ネタバレです、まだ未視聴の方はご注意ください。

------------------------------------------------------------------------------------

世は10世紀。王建(ワンゴン)によって三国統一された朝鮮半島の国、高麗。
一見平和そうに見えながら民族紛争が絶えず、そんな中で育った王建(ワンゴン)
の孫娘ファンボ ス(後の千秋太后)

a0156825_19371860.jpg彼女の祖母で、太祖王権の第4夫人であった明福宮大夫人の
「家門」を守りたい、孫息子の命もかかっている!
の言葉に、高麗5代目の暴君、景宗の元へ泣く泣く嫁ぐのですが、
コイツがまた相当なワルで。

あのテジョヨンのコルサビウと同一人物とは思えない!
なぜか、とんねるずの石橋貴明さんに似ているなあと思いながら見ておりました。

しっかし、彼女が自分の子供を懐妊した!
途端に、急に優しい父親になっちゃうんですね~

テレビのカット版だからなのかもしれませんが、あまりの劇的変化に私はびっくりしました。
でもあまり深く考えると疲れるので、この辺は軽くスルー。

a0156825_19384724.jpgそして、確か7話と8話くらいしか出てこなかったのに、この方の存在が結構大きかったです。

そう、「ザ スリングショット」でも割と早くいなくなっちゃうんだけど、
キムシンに大切なことを教えてくれたこの方!
(ってまだこのドラマを引きずっている私。しつこくてすみません)

「ザ スリングショット」では、主人公を良い方向へと導く存在だったのが、
「千秋太后」では、主人公の兄、ワン チに発した言葉
「妹は強い気をもっているから、あなたの王政の邪魔になる。
しかも子供と一緒だと、余計に始末が悪いから、二人を引き離しなさい!」

が、彼と妹に向けた「呪いの言葉」となり、
二人をずっと苦しめることになります。
a0156825_19464272.jpg


a0156825_19404848.jpg9話まで見た感想としては、どうもこの方とファンボ スのハルモニ(祖母)、そして、商団の古ダヌキ(ソソノ父@朱蒙)といったあまりよからぬ年長者の方々に翻弄されて、兄妹が引き裂かれている感じがしました。025.gif

ファンボ スもかわいそうでしたが、それ以上に妹とその赤ちゃんを引き離しながら、
「一人にしてくれ」
と言って、王宮の庭で一人なく若様(ワン チ)がかわいそうで、かわいそうで。007.gif

a0156825_19502320.jpgそして今週後半からの登場人物の中で、ちょっと気になっているのが
ファンボ スの息子役、パク チビン君。

彼は、今じゃ史劇のセレブ子役専門になっちゃいましたね。

イ サン(→これはイ ソジンssiにそっくりだから許す)、
ピダム@善徳女王(う~ん、ちょっとかわいすぎ?)

そしてこのドラマ。
「ほかに適当な子役、いーひんのかいな?」 (なぜか関西弁)
と思わずテレビに向かって叫んでしまった私です。

しかしその後、3年ぶりにファンボ スが、息子に再会したシーン。
彼をぎゅっと抱きしめたときには、不覚にも私もファンボ ス状態に!
思わず彼女同様、涙を流していました。

でも彼のほうはいまひとつ、戸惑いを隠せないのも理解できたりして。
その演技がまたいいんです。
完全にツボに入ってしまいました。

やっぱりかわいいしとてもお上手、彼しかいないのでしょうかね。

a0156825_19513327.jpgそしてついに9話でちらりキム ソックンssi登場!
(おお、ステキ~「幸せな女」のときの頼りなげな表情と全然違う!)

来週が楽しみです。
[PR]
by marone115 | 2010-08-01 19:43 | ・千秋太后