お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:・いかさま師 タチャ( 2 )

a0156825_23285867.jpg


昨日から、なかなかスピード感のある展開で今日最終話まで行きました。

この後半部分、特に21話の最終話は本当によかったです。
「スリングショット」にも似ている?というのもなんとなくうなずけました。

でも、やっぱりスリングショットほどはまれなかったですね。

【その理由】
一つ目は、 「スリングショット」 は一般社会を描いていて共感できたけれど、
タチャは、あまりなじみのない賭場が舞台になっていたから。

二つ目は、話がハチャメチャで、突っ込みどころ満載。
リアリティがちょっと...
(でも迫力とかぐいぐい押していくストーリー展開だからそれも多少は目をつぶることができましたけどね。)
ただあの花札やカードのワザはすごかった!
チャンヒョクssiかなり練習したとか言ってましたよね。

三つ目は、コニをはじめ登場する男たちが本当に情けないというかオバカというか...
(あ、キム ミンジュンssiは除いてですよ。)
それに比べて、女性たちがステキだったので、最後まで見られました。

a0156825_23301415.jpgナンスク、チョンマダム、ユラ、3人とも私は好きでした。
特に最終話でチョンマダムの株が、ぐ~んと急上昇。016.gif

*ナンスクって「ファンカ」のアンナだったんですね?道理で見たことが!キレイな子です。
(でも私は原本アメリカ版のゴールディ ホーンのほうが好きですけどね。)

四つ目は、
ぎらぎら全編「復讐」もので、疲れました~。
ちょっとしばらくこのテのものはお休みしたいかも...
(先ほど「犬と狼の時間」の5話を、途中まで見てたらちょっと胸が一杯になってきて、見るのを中止しました。)

で、ここからこのドラマの突っ込み
ちょいネタバレありなので、ご注意ください
-------------------------------------------------------------------

1.脱獄中のコニですが、あれだけ堂々と街を歩いててよくつかまらない!
(しかも真っ赤な車を運転してましたよね?)

2.アグィをはめるべく、彼同様恨みを持つチャックィが彼を手助けするのは
理解できるのですが、他の服役時代の仲間とか高校時代の友人が彼を手助けするのはよくわからん!

だって、やっぱりコニって脱獄囚じゃないですか~
そんな男に、他の服役時代の仲間はともかくとして果たして高校時代の友達が手助けするでしょうかねえ???

しかも、いくら彼に共感したからって、彼の復讐を手伝うにはあまりにも動機が薄すぎるような...

その点同じように仲間たちと復讐する「スリングショット」は、
仲間たちにもそれなりの納得できる動機がありました。

3.時代背景について
最初はポケベルと公衆電話、でっかいケータイ、そして今のスリムでコンパクトなケータイ
と、電話で時代がわかりやすくなっているのは面白かったのですが、
なんだかその時期が合わないような。

いったい、あの時代はいつなんだ???
登場人物の年齢っていくつなの?→最初は高校生だったけど、その後の年齢が不詳。
そして、不良でどうしようもないあんなチンピ●になぜナンスクみたいな美しい彼女がいるの?

深く考えると疲れるのでこの辺にしておきます。

そしてここからネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-08-15 23:26 | ・いかさま師 タチャ
a0156825_17452.jpg


8月11~15日は、会社の夏休み♪
5日間の休みは、有効に使わなくっちゃ~

と思いつつ、気がついたらもう14日。
あと2日で終わりです、5日なんてあっという間ですね。

この期間、家の用事やら、会社から出された課題図書の読書(なんと、会社から
指定のビジネス書を強制的に読まされる)やらありつつも、テレビ録画してDVDに
落とした韓ドラ視聴もしています。

手持ちのドラマは5つくらいあるのですが、その中から私が選んだのがこれでした。

きっかけは、私の最近お気に入りの日本のドラマ
「日本人の知らない日本語」

ブティックのカリスマ店員ハルコ(仲 里依紗)が、
ふとしたことから外国人たちに日本語を教えることになるのですが、
タイトルどおり、日本人でもなかなか知らない日本語があって
これがまた興味深いんです。

で、その第3話が、任侠がダイスキなフランス人マリーが活躍、素材は「花札」。

「しかと」が鹿は10点、
「ぼんくら」ということばは、ぼん=「賭場」で賭場に暗い=詳しくない から来ているとか。

へええ~ 知らんかった~

さらに、「タチャ」を見て知ったのは、(ホントかどうかはわからないのですが)
花札は、ポルトガルから日本に入り、ルールは韓国人が作ったとか。

というわけで、今まで全く興味がなかった花札の世界をちょっと覗いてみることにしました。

コレだけ時間があると一気見もOK!
賛否両論あるドラマで、「スリングショット」にも似ている?

というコメントも一部あったようですが、

実際15話まで私が見たところでは
「賭場」がテーマ、チンピ●がステータスのある実業家に成り上がっていこうとする点などを考えると
テイストは、「オールイン」に近い感じがします。

以下ネタバレありです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-08-14 00:29 | ・いかさま師 タチャ