お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:★社会派( 3 )

a0156825_2119796.jpg


私は、ドラマも好きだけれどドキュメンタリー番組も大好きです。

その理由の一つには、日本だけに限らず、世界各地で起こった
(または現在も起こっている)事件や事故や歴史の検証などを知ることで、
映画やドラマの面白さをさらに深く知ることができたりすることがあげられ
ます。

特にNHKスペシャル(特集と呼ばれていたころから好き)やETV特集など。

そう言えば「ゲゲゲの女房」の今週のエピソードで、
「ゼタ」という漫画雑誌が創刊されますが、これって「ガロ」のことですよね?

実は私は「ガロ」のことも、こうしたドキュメンタリー番組でその歴史を知り、
すごく感動したものです。(再放送でしっかりビデオ録画までしました。)

あまりまじめに見てない「ゲゲゲ~」ですが、今週は土曜の総集編を見てみよう
かしら。

a0156825_21192815.jpg


と、関係のない話から始まりましたが、ここのテーマは「砂時計」

韓国でリアルタイムで放送中のころは、これを見るために早々と帰宅する
人たちが多くて、別名「帰宅時計」の異名をとるほどの人気ドラマだった
んですよね。

昨年BS11でノーカット放送をやっていて見始めたのですが、
日本のドラマで再現される昭和20年代に似た部分がありつつも、
やはり韓国の現代史を知らないといまひとつピンと来ない部分も多々あり、
さらにかなりのヘヴィーな展開に17話くらいで挫折してしまいました~。

全話DVDに落として、削除もできず未練たっぷり。
いつか完走しなくては...と思いつつ、まだそのままです。

ところで挫折する前に興味深く見たのが、韓国民主化運動のはじまりとなった
と言われる「光州事件」の回。

ドラマを見ながら、多少の予備知識が欲しいかなとカンタンな韓国現代史本も読んでみたのですが、
いまひとつ、土地勘や歴史がわからない私には、かなりむずかし~い。

一通り目は通しましたが、あまり頭に入ってなかったみたいです。

私の中の韓国の歴史は、やっぱり韓国史劇...

「朱蒙(チュモン)」の時代から中国の侵略を受け属国扱い、
さらに、第二次大戦中は日本の植民地支配、それも終わったかと思えば南北分断、
そして2度にわたる軍部による独裁政治。

民主化運動はそんなところからでてきたんですね。

というわけで、光州事件から30年経ち、先週の土曜日
「ハイビジョン特集 五月の語り部たち」という番組を見る機会がありました。

「砂時計」劇中、民主化を求めて市民が立てこもった道庁(日本で言う県庁、
北海道の道庁ですな)の建物は、そっくりそのまま。(あたりまえか!)

ドキュメンタリーは、この事件の関係者によるインタビューが中心で、
民主化運動をしていた学生たちはもちろんのこと、5月18日が来るまでは
「全 斗煥(チョン・ドゥファン)」という名前すらも知らなかった一市民、
そして軍に徴用されていた当時の若者たちもいました。

インタビューを受けた中で、もっともスゴイと思ったのが
当時21歳のらでん細工の職人だった男性。

彼は、5月18日に友人と映画を見ようと街にでたところいきなり軍隊に暴行を受け、
「市民、国民を守るべき軍隊がなぜそんなことをするのか?」
納得がいかずに他の市民たちとデモに参加、
その後軍に捕らえられ厳しい取調べを受けたとのこと。

しかも今でもその後遺症で、不眠症。
それでもインタビューに応じて、しかも自分が拷問を受けた場所をそのインタビューする場所に指定するなんて...

また軍の側にいた若者たちが市民たちを殺したのは、
上部から「北朝鮮の反核分子の一掃」と知らされていたというのです。

「砂時計」というドラマは、
「光州事件」を市民側(パク テス=チェミンス)と軍(カン ウソク=パクサンウォン)の両方の立場から、
そしてその後の韓国の高度成長のウラと表を容赦なく描いているところが、
韓国の人たちの共感を得たのではないか
...などと、このハイビジョン特集を見て思ってしまいました。

またドラマの中で印象的だったのが、
コ ヒョンジョン扮する世間知らずのお嬢様女子大生が学生運動に身を投じ、
その後、逮捕され激しい拷問を受けて、最後には活動家たちの名前を告げることで解放されるのだが、
同士たちから白い目で見られて次第に学校へも行かなくなってしまうエピソード。

もし私が彼女の立場だったとしてもきっと同じような行動をとってしまったことでしょう。
(史劇では、よく死ぬまで寝返らない人とかでてきますけど、あんな人たち本当にいたのかしら???)

元気なときでないととても見る気にはなれないけれど、
時代に翻弄される人間の弱さやもろさを突きつけられるドラマですね。

最後に砂時計テーマ曲、ロシアの「白鶴」を。
そういえば、学生運動とか革命の歌ってなぜかロシアの印象が強いですよね。
(日本でも加藤登紀子さんの歌とか...)


[PR]
by marone115 | 2010-06-28 21:29 | ★社会派
いきなり硬い報道番組のお話ですが...
私のお気に入りのテレビ番組が、21年の幕を閉じることになりました。

それは
田原総一朗氏の「サンデープロジェクト」(通称サンプロ)

はっきり言って、さびしい...007.gif

私の毎週日曜の日課は、午前10時のこの田原総一朗のこの「サンプロ」から始まっていたといっても
過言ではありません!

島田紳助がキャスターを務めていたころから好きで、田原総一朗氏の毒舌も朝から冴えてました~。

その後キャスターは、うじきつよし、そして今のテレ朝の社員へと変わりましたが、
歯に衣着せぬな路線は変わることはなく1本筋が通っていて。

内容としては、前半はNHKの日曜討論の続きって感じで、国会よりはまあマシな本音が
聞けるけど、うそくさい政治家の話はうんざり~と思ってあまり真剣に見てませんでしたが、
たまに田原さんが
「その話って、NHKの日曜討論でしてましたよね?そんな話は聞きたくない!」
ってビシって言うところが好きでした。

で、私がもっぱら楽しみにしてたのは、午前11時7分ごろ始まる「今日の特集」
日本はもちろんのこと、海外のいろんな問題に関して、
プロのジャーナリストたちの骨太な取材が面白かったんですよね~
(国内にいる私たちにはピンと来ないのですが、やはり日本にも
言論や行動に関する統制がかなりあることが、この番組でわかりました。)

でも、それが来週から見られなくなるんだ~と思うとちょっとさびしいです。007.gif

a0156825_14924.jpg
で、報道番組で思い出したのが
ソン イェジンちゃんとチ ジニssi主演のドラマ
「スポットライト」

韓国では視聴率がいまいち、日本でのオンエアも評判がよくなかったけど、
私は興味深く見ました。
(メインのストーリーよりも、政治上におけるカネの流れやウラでの取引とか、
コピー商品を扱う店の取材とか、サンプロの「今日の特集」みたいで)

軍政から民主政治に変わってから30年余の韓国では、
報道規制もまだまだあるようで、このドラマを放映したMBC局は、
当局からかなりの圧力を受けたそうです。
(ドラマの中でも、一部それが描かれていました。)

ちょうど本国でこのドラマがオンエアされたころに、狂牛病の牛の肉を輸入する問題も起こり、
メインストーリーではなかったけれど、それに反対する学生の「ろうそくデモ」の様子が
ドラマの中にも挿入されていたのも、なかなかリアルでした。

テーマ曲も好きで、実はOSTもなかなかいいんです。
というわけで、ここでテーマ曲!



ただ、やはりメインストーリーの雑さがちょっと...

韓国ドラマと言えば、史劇、ラブコメ、大映系、ホームドラマはなかなかいいのだけれど、
こうした報道系、警察系とかどうなんでしょ?
(コ ヒョンジョンさんのHITってのがそうみたいですが、初回見たところ、「う~ん ダメ」でした。)

日本の報道系、警察系ドラマ好きの私、韓国系はいまいちな感じがしますが、
あまり見てないせいもあるかもしれません。

どなたか、もしオススメがあったら教えてください~

で、去年BS2で放映されたときの記憶をたどりながら...
ここからネタバレ突っ込み編です

More
[PR]
by marone115 | 2010-03-29 01:00 | ★社会派
a0156825_1475137.jpg


3月26日からこのドラマ、ノーカット版でBS11でスタートしますね。
私は、去年DVDを借りて見ました。

私のよく伺うブロガーの方々の間では、
いまいち評価が高くなくて、リタイヤの方も多々いらっしゃいますが...
実は、私はそれほど嫌いではなかったんです。

というのも、まず、私の好きな1960~70年代のシャンソン風な冒頭のテーマ曲に
ひかれました。

あの曲を歌っている熟年(?!)男性の声質は、
エディットピアフの元カレとしても有名なシャンソン歌手、ジョルジュ ムスタキにも似ていて、
カレが主題歌を歌っていた、この日本のドラマを思い出しました。
(最初の放送は36年前...キャ~私の年がばれちゃう~)
  ↓


キャストは、寺尾聰さん、香山美子さん、あら~今見たら、仁科明子(今は亜季子)さん、草笛光子さん
なんかもでてたんですね。。

このブログを見に来てくれる方たちは、皆さん、
私よりたぶん10歳以上は若い?と思われるので、ご存じないですよね...

切なくて、悲しくて、とってもいいドラマだったんですよ!
当時、まだ幼い(!?)私の胸にもキュ~ンと来るような...
韓国ドラマが好きになったのも、なんだかこのテイストにとても似ていたような気がします。

もう一度見てみたい~です。
韓国のリメイク版でもいいなあ...となるとキャスティングはだれがいいか...
なんて、すぐ妄想に走る私です。

ところで、「グッバイソロ」の話題に戻りますが、当時のキム・ナムギルssi,情けなかったけど、
今、メチャかっこいいですよね。

「悪い男」楽しみですわ。
って、テレビ視聴なので、まだ善徳女王のビダムも見てないんですけど...
[PR]
by marone115 | 2010-03-13 01:52 | ★社会派