お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0156825_2282318.jpg
右から長男~四男勢ぞろい。

1、2話目、
まず、音楽のノリのよさで、結構元気でいいな~なんて第一印象はよかったのですが
とにかくせりふが、(渡る世間~みたいに)長くて、早くて、みんなテンションが高くて。

これはちょっと、ついていけないかも...と一抹の不安を感じていたのですが...
3話目(次男テプンが、看護師のボクシルの結婚相手に長男ジンプンを薦めるあたり)から私の笑いのツボにはまりました。
いけそうかも!
で、4話まで来ました。

以下ネタバレです...
------------------------------------------------------------------------------------------
ソル薬局のお家は、今年40歳の長男を筆頭に18歳?の大学進学を目指す四男まで、男ばかりの兄弟と夫婦、そしておじいちゃんの7人家族。

昔の日本のドラマ「時間ですよ!」とか「寺内貫太郎一家」のノリで、「あの青い草原の上で」のセットなんですよね。
まだ1年前に見たドラマなのに、なんだかとっても懐かしいにおいがする。

現時点での登場人物の中で、私が注目している男性は四男の手芸好きのミプン。

彼が入っていた手芸クラブのアジュンマたちのコメントじゃないけど、
 「かわいいわ~053.gif 

父性愛が強いって言うか、友達の赤ちゃんのめんどうみてあげたり、5話の予告編をちらりとみる限りでは、その友達が兵役に就くため、どうも彼が赤ちゃんの世話をするような感じでしたね。

次男のテプンは一番男前だけど、あの性格!
私にはゼッタイ無理。健気なボクシルの気持ち、早くわかってあげて~

長男のジンプン、三男のソンプンも個性的、愛すべき男たちですね~

a0156825_22255139.jpg そして、女性陣のなかで、私がもっとも注目しているのが、このひと!

「憎くても、可愛くても!」でも強烈な個性を放っていたけれど、今回は、また西洋かぶれの奥様役で登場。

もうこの人のファッションがたまらなくいい!
「ジェーンエア」とか「嵐が丘」の衣装借りてきたの?
天蓋つきのベッド、ウェッジウッドのアフタヌーンティー、ろうそくの火でディナー

a0156825_22165182.jpgあの完璧なまでの古きよき19世紀のヨーロッパコーディネートは、「デス妻」のブリーをほうふつとさせる...

しかも庶民的な食材屋さんで、「ウスターソース」とか「バルサミコソース」を探している(爆)
おいおい、ここは21世紀の韓国だっつうの。

それにしても...
4話でお引越ししてきたスジン(パクソニョン)の兄夫婦、特にあの飛んでる兄のブルータスが、 こちらを拝見すると、どうもこれから活躍してくれそうですね。

いやあ~楽しみです。
[PR]
by marone115 | 2010-05-30 22:25 | ・ソル薬局の息子たち
a0156825_1914015.jpg
▲ただいま上映中『天国への郵便配達人』


今日は美容院に行ってきました。
セミロングの髪(冬鳥のパクソニョン系スタイル)を潔くばっさり、近い髪型は、ラストスキャンダルのソニですかね。
(あ、髪型だけですよ!)

その美容院で、「スクリーン」という洋画雑誌を手にしました。
普段は、そこのスタッフの女の子は、クロワッサンとかSTORY、
そしてときには、「家庭画報」をセレクトしてくれちゃったりするんですが (^^;)

6月4日から始まるSATC-2(セックス&シティ)の記事がお目当てだったのですが、その中で見つけてしまいました~
(っと、やっと本題。いつも前置きが長くてすみません。)

日韓共同ドラマプロジェクト
「テレシネマ7」


5月29日より六本木のTOHOシネマズで上映!


なんなんだ、これは!

90分~105分前後の単発ドラマを7つ、
日本の脚本家たちと韓国の監督、俳優のコラボで製作したんですね!

すでに twitterとかでも、コメント募集してたみたいですけど、
私はそういう情報に疎くて。

まずは今話題の「素直になれなくて」のジェジュンとハン ヒョジュちゃん:北川 悦吏子脚本の
『天国への郵便配達人』

ひょっとして、「素直に~」にジェジュンが出演したのも、
このドラマプロジェクトと出演料抱き合わせかな?なんてうがった見方かしら?

でも、私が注目しているのは、韓流スターというより、日本の脚本家さんたちです!

アンジェウク主演の『トライアングル』:尾崎将也さん
昔だと「夏子の酒」「二千年の恋」そして 「結婚できない男」 「白い春」

カンジファン、イ ジアちゃん主演の『顔と心と恋の関係』:大石静さん
昔の作品では「ふたりっこ」最近の作品では「四つの嘘」がお気に入り。

BIGBANGのTOP主演の『19(ナインティーン)』:井上由美子さん
昔の作品では、「ギフト」が一番好き。
最近のものでは「マチベン」「14歳の母」「パンドラ」かな

キム ハヌル、ミンジョンホ様 チジニ主演の『楽園』:岡田惠和さん
昔の作品では、「ビーチボーイズ」(→このOSTは今でも夏の定番BGMです。)
そして、日韓共同制作ドラマ「フレンズ」「アンティーク西洋骨董洋菓子店」

韓国の俳優さんは私の知らない方で『石ころの夢』:中園ミホさん
昔のドラマ(「Age35」など)はいまいちだったけど、
「ハケンの品格」「OLにっぽん」「コールセンターの恋人」は好きな作品。

主演じゃないけどペ スビンssi!の『結婚の後で』:横田理恵さん
このひとの代表作と言えば、やっぱ「ごくせん」ですよね。

あ~この脚本家のラインナップ、よすぎです。

でも、わたし的に物足りなかったのが、この中に江頭 美智留さん(「ナースのお仕事」「ごくせん」)が
入っていなかったこと。
この人の書く作品も、私、結構好きなんですよね。

東京に住んでいたら、見られるのに。
でも時間がないから、きっと全部は見られないと思うけど。
(順次全国上映予定とか書いてあるけど、上映館は、関東とその近郊のみなんですよね。現時点では)

a0156825_1934876.jpgで、この情報だけを見て、究極の選択、どれか一つ選ぶとしたら...

私なら大石静さんかな? ちょっとシニカルで残酷な部分があって、でも救いもある?!
彼女の過去の作品の(と言っても私も彼女の作品をすべて見ているわけでは
ないのですが)そんなスパイシーなところが好きなんです。

しかも出演俳優さんたち(カンジファン、イ ジア)も魅力的だし。

a0156825_1941155.jpg次に選ぶなら、ちょっと過激系?の井上由美子さん作品。 今韓国で大人気のBIGBANGの男の子が主演ってのも気になるし。

あなたなら、どれを選びますか?
[PR]
by marone115 | 2010-05-29 19:06 | ★その他
a0156825_22515638.jpg

実はこのドラマ、2009年の今頃にオンエアしていたんですね。
(私が「あの青い草原の上で」に思いっきりはまっていたころです。)

1話正味46分だし、11話で完結だから、結末が早くわかるのが、日本のドラマのいいところ~

先週から、4時台の平日毎日やっていて、このタイトルにひかれて、ちょっと録画して見てみたら(それも第3話から)
結構はまってしまいました~

最後のテロップ見たら、主役の阿部ちゃんをはじめ、脚本は尾崎将也さんのオリジナル、音楽は仲西匡さん。

な、なんと、偶然にも、「結婚できない男」と同じ製作スタッフだったんです!

「結婚できない男」はコメディだけど、こちらは、どうもトラジェディらしい...

a0156825_22292450.jpg阿部ちゃん、このドラマでもいい味出してましたが、私が一番気に入ってしまったのが吉高由里子ちゃん演じる栞です。
吉高さんといえば!「蛇にピアス」の超エロシーンが話題になりましたが(って私は見てませんよ)、

ここではホントかわいくって、イジワルかと思うと、とっても優しい一面ももっている女の子。

「しーちゃんのハッピーライフ」っていうブログを書いているんだけど、阿部ちゃん演じるおじさんに出会って以来、ブログのテーマはそのおじさんのこと。
(「結婚できない男」の金田のHPに続く私の楽しみの一つです。)

「大王世宗」の70話を見たばかりだったので、もしタミを演じるなら、吉高ちゃんだわ!
な~んて思いながら、このドラマを見ています。

でもキム ジョンソはだれがいいかしら???

で、ネタバレですが、このブログ見に来る方は、ほとんどが韓国ドラマ好きだから、
ま、いいですよね、あらすじ書いちゃって。だって、もう再放送のドラマだし。

見たくなければ、この点線の下は見ないで~

-----------------------------------------------------------------------------------

a0156825_22303881.jpg


話は極道から足を洗う代償として、やくざの親分を一人あやめることで、刑務所に9年服役していた
男、佐倉春男(阿部寛)が、9年前まで付き合っていた女性(紺野まひる)に会いに行ったところ、彼女はすでに
この世にはおらず、しかも別の男と結婚して、その男性との間に娘(大橋のぞみ)までいた。

でも、私はすぐに見破りました、ぜったい出生の秘密がある!

で、そのとおりでした。(韓国ドラマ好きの方なら、もうその秘密がなんなのかおわかりでしょう?!)

というわけで、彼とその娘さち、そして今ではさちのことを「実の娘」以上にかわいがって育てている男性(遠藤憲一)、
そしてその男性を「兄」というよりも一人の男性として慕う、娘の叔母(つまり、春男の元カノの妹=白石美帆)の4角関係(っていっても、ちょっと違うか...)

そして、ネカフェで知り合ったことから、同居することになった栞(吉高由里子)ともう一人、若い男の子勇樹(遠藤雄弥)との
奇妙な三角関係。

春男に興味津々の栞は、彼のことを調べまくり、ついに春男とさちが本当の親子だと知るのですが、
彼女って若いのにいい子で、仲良しの二人のことをねたましく思いながらも、見守ってあげるんです。

本日の第8話では、さちが難病にかかっており、手術。

明日の9話の予告編を見る限りでは、どうも手術が危うそう。
でもきっと、春男が、輸血とかしちゃうとか...って展開じゃないかしら。

最終話の11話では、かなりショッキングな急展開が待っているらしい。
(って大体想像つくけど。)
いいです、覚悟してますよ!047.gif
[PR]
by marone115 | 2010-05-25 22:05 | ★その他
a0156825_0143169.jpg


ここのところ、現代もの(「ソル薬局」やら「結婚できない男」と明るい感じの)
ドラマが続いて、ちょっとこちらは停滞気味。

なんといっても69,70話があまりにも悲しすぎて。

a0156825_020203.jpg特に私はあの70話がたまらなかったです。
気の強い、この子がかわいい~053.gif

って、私もキム ジョンソ状態?!

以下70話までネタバレです。
(71話、72話のエピもちょこっとだけあります。)

More
[PR]
by marone115 | 2010-05-25 00:04 | ・大王世宗
a0156825_025441.jpg


先週は、天候のせいなのでしょうか、いつもの眼精疲労に倦怠感が加味され、PCを開くのが結構きつくて。
それで、1本も記事書けず~(他のブロガーさんにコメは入れたりしたのですが。)

今日も実はPCを開くのはやめようかと思っていたのですが、
先ほどのイサンを見て、やはりこれは書いておきたい!
と思い、PCのスイッチをつけてしまいました~

ここのところ、本ストーリーよりもなにかしら突っ込みを入れることが中心となっていたこのドラマ、

今週は、まさか、そんなことはないよね...と思っていたことがそのとおりとなり、
あの結末に叫んでしまいました!

 「アンビリバボー!」 
以下、突っ込みどころを入れながらネタバレです。

その前に、今週なんか「イサン」の特番やってたみたいですね。
明日その再放送があるみたいだし、6月にもイ ソジンin大阪ってのもあるみたいですが
う~ん、しかし、見る気力が残っているかどうか...。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/isan/index.html

ではネタバレへどうぞ

More
[PR]
by marone115 | 2010-05-24 00:12 | ・イ サン
a0156825_22385915.jpg


5月1日のブログ記事でお知らせしたように、3泊4日台湾観光してきました。

お約束のオンエアーのロケ地、九フンにも行ってきましたよ~

でも今日は、台北市内観光の中の故宮博物院のエピソード、「龍」の指についてお話したいと思います。

で、それが韓ドラとどういう関係があるかって?

「龍」 と言えば
中国、朝鮮半島の服装や屏風、そして陶器などにも必ず描かれているモチーフ。

前述の博物院を訪れたときも、展示物には例外なく「龍」がたくさん描かれていました。

a0156825_22474031.jpgガイドさんのお話によると
「台湾では、王様の衣服などに描かれている龍の指は4本、
神社仏閣などは3本、そして貴族は2本。皇帝が一番指が多い、つまり皇帝は神様よりエライ!んですよ」

と聞かされ、な~るほど。

で、帰国後、さっそく韓国史劇の龍をチェックしてみました。

たとえば、「イ サン」そして「大王世宗」。

a0156825_22401739.jpgあれ?005.gif
指が5本あるじゃない?

他のサイトで、「龍の指」について調べてみたところ、
中国では、
「皇帝の場合は5本指、4本指は寺院仏閣に使用、3本指がその下の位」らしくて、その後伝わった朝鮮半島や台湾などは中国に敬意を表す意味で、

「4本が一番上の位になる」はずなのですが、

う~ん、なぜかイ サン、そして彼の祖父の英祖も世宗の礼服に描かれている
a0156825_22481266.jpg龍の指は5本ある!

これはいったいどういうことかしら?
朝鮮半島は、中国と対等だ!ってことを暗に示しているんでしょうか?


そして他に、縁起のよい動物として、よく描かれているのが「鹿」と「蝙蝠(こうもり)」

これまたガイドさんの受け売りをお話しすると

「蝙蝠」の蝠の字が「福」と同じ発音なので、福を呼ぶ、

「鹿」は禄(ロク)と同じ発音なので、「禄」=位、俸禄と爵位を意味するため、お金持ちになれる、
高い地位につけるという意味があるそうな。

で、そのときまたよみがえってきたのが、

a0156825_22423171.jpg「大王世宗」で、世宗の父王の後ろでかわいらしく生き生きと描かれていた鹿の屏風。

いつもあの鹿がかわいい~と思って、気になっていたのですが、やはりそういう意味があったんですね。

中国大陸の文化に対して、あまりにも無知な私、
今回の旅で、また一つ利口になったような気がして、うれしくなりました。

これから史劇を見るとき、こういう点もチェックしちゃいそう。

それにしても、龍の指、本当のところ、朝鮮半島では4本なの?5本なの?
この疑問についてご存知の方は、教えてくださ~い

ちなみに龍が一番最後に伝わった日本では、指の数は3本(なのだそう)。
中国や朝鮮半島の王様たちよりも「位」は下なんですね。

【追記】(2010/5/18)
で、今週の龍馬伝 (5/16オンエア) で、オープニングで踊っている龍の指を数えちゃいました。
(もちろん、録画したHDDをその部分だけ、何度か一時停止して)

やっぱり、日本の龍の指は、3本でした~

 
[PR]
by marone115 | 2010-05-18 17:54 | ★その他
a0156825_22223958.jpg


7話まで来ました。
(阿部ver.では、第8話で、タイトルは「犬が嫌いで悪いか!」 )

チジニver.では、ユジン(キム ソウン)のチワワのサングが活躍しますが、a0156825_22242894.jpg阿部ver.では、みちる(国仲涼子)のパグ犬のケンちゃんがほとんど主役状態でした!

私は、イヌネコが大好きなんですが、~
このドラマ(阿部ver.)を見始めたのは、偶然テレビをつけたらやっていた(私の場合よくあるパターンで)、しかも、4話の途中でした。
ストーリーに引き込まれたのはもちろんですが、このケンちゃんがお目当て出てみていたような節も。

だから、特にこの回は、私の大、大お気に入りだったんです。
チジニver.はどんなふうにアレンジされているのか、とても興味津々でした。

ケンちゃんとサングの共通点は、
1.主人公の男性の隣人の女の子の飼い犬であること
2.きゅうりが好き
3.主人公の男性のことが好き

で、私はどっちの犬が好きかというと、やっぱり、パグ犬のケンちゃんかな~

というわけで、youtubeで、阿部ver.第7話を見つけました。

設定はほとんど同じですが、小物使いにちょっと違いがあります。
チジニver.とその違いを見比べてみたい方、ご興味のある方はどうぞ。



では、以下、ネタバレ。

More
[PR]
by marone115 | 2010-05-14 22:15 | ・結婚できない男
a0156825_235721.jpg


2話~4話まで、ちょこちょこと違いはあるけれど、
阿部ver.とエピソードはほとんど同じですね~

でも、今のところ、私は阿部ver.のほうが好きです。

というのも、以前もお話したと思いますが、
韓国ドラマって1話が70分と長いせいか、よく言えば「丁寧に作ってある」
でも、逆に「そこまで言わんでもわかるよ!」とか思っちゃうシーンも。

特にこのドラマは、都会で独身貴族を謳歌し(ようとし)ている男性の話なので、あんまり説明をいろいろ入れないドライな感じのほうがいいような気がするんです。

チジニssiは「結構はまり役だなっ」とは思うんですけどね。

また、いつもあまり仕事をしているふうには見えない女たらしのライバルの建築士役なんですが、
阿部ver.では、高知東生(金田と言う名前)だったのですが、これがまたはまり役で
サイコーだったんです。

一方、チジニver.の彼(ユ テヨンssi)は、金田ほど印象に残らないのがちょっと残念。
(検索で知ったのですが、この方、私が途中で挫折した「ヨンゲソムン」でソリンギの役だったらしいですね...)

金田は、自分のサイトをまめに更新してるんですが、
(確かユ テヨンssiもサイトをよく更新してたような)
そのシーンばかりを集めたダイジェスト版をyoutubeで見つけました。

阿部ver.知らなくても、面白い...と思います。
興味があったらこちらをどうぞ
 ↓ ↓ ↓


阿部ver.に比べると旗色が悪いチジニver.ですが
それでも、見たくなっちゃうのはオム ジョンファ、キム ソウン(阿部ver.の国仲涼子ちゃんと雰囲気がよく似てる)がかわいいからかな。

そして、それぞれのエピソードの最後にある「最近気になる彼」のシーン!
これを見ないとね、やっぱり。

ところで、阿部ver.の中でお気に入りのエピのひとつが、4話「休日ひとりで悪いか!?」

a0156825_2246846.jpg


チジニver.ではどんなふうになっているか...結構気になっていました。
で見てみると...

以下ネタバレです。

More
[PR]
by marone115 | 2010-05-10 23:01 | ・結婚できない男
a0156825_0305346.jpg


最近友達からのメールで、パク ソニョンが結婚することを知りました。

お相手は外交官とか。
いいなあ~、
イ ヨンエみたいに、アメリカとかに住んじゃうのかしら?

と、またまた話が脱線しましたが、

 「18・29」 
史劇が続いているので、現代ものはかなり新鮮で楽しいですね!

キャスティングも魅力的!

a0156825_0315375.jpgリュ スヨンssiもステキだけど、やっぱり私はパク ソニョン!

あと、「パリの恋人」でテヨンの友達役だった女の子がここでは妹役で、
あら~お久しぶりってのもイイ。

そして、ボンマンのハンディキャップのある弟がかわいい~。


2話まで見たこのドラマのわたしなりのかな~り粗い印象を一言で言うと、

「ラストスキャンダル」アラサー版(ちら見だけでおこまがしいけれど)
 「ファンタスティックカップル」 
かな?

と言っても、上の2つのドラマよりもこちらのほうが製作は先ですよね?

BS日テレ版も、それぞれの話の最後に高校時代のエピソードの「オチ」がきちんと描かれており、
今のところこのカットバージョンでも楽しく見られてます。

(現代ものの場合、「結婚できない男」を見ていても、中心となるテーマに直接関係のないシーンがあったりして、だらだら長い70分よりも46分で十分かな?って思うときもあるんですよね。)

1話目は、パクソニョン扮するヘチャンに
「早く鏡を見て、自分の姿をはっきりと自覚すれば?」といらいらしてましたが、

2話目は、なかなか私の琴線を震わせるようなエピソードが!

【その1】
「昔のことなんか覚えてなくてもいい。どんどん忘れていくほうが幸せだよ」

ヘチャンが自分の記憶が飛んでしまったことを
高校時代に日参してたお菓子屋さん?のハルモニに告白したとき
彼女がヘチャンに言ったせりふ

さりげなさそで、重いお言葉!

きっとこれはハルモニ自身の過去も含めて出てきた言葉なんだろうなあ
なんて思ったら、ちょっとウルウルしてきてしまいました。

【その2】
「そういえば、ペ ヨンジュンも記憶喪失だったわ」
ヘチャンが、テレビドラマを見ているのですが、それって「冬ソナ」なんですね。

【その3】
「ピアノレッスン」
高校時代、ヘチャンが憧れの先輩の靴箱に「一緒に見ましょう!」と
映画の座席指定券をしのばせたのに、映画館で隣の席にやってきたのは、にっくきボンマン。

そのとき上映していたのがこの映画。

結構大人の映画なのに、ヘチャンってませてたのね~

ハンディキャップを持ちながら(あ、ボンマンの弟と同じろうあ者なのね)、男顔負けのすっごいたくましい女を演じたホリーハンターがとっても印象的でした。
Micheal Nymanのあの音楽も懐かしいなあ~(ってドラマではやってくれなかったけど)

ってなわけで、youtubeはこちら。
↓ ↓ ↓


ストーリー展開はもちろんのこと、こうした各所にちりばめられた粋な演出がたまらない!

来週も楽しみです。
[PR]
by marone115 | 2010-05-08 00:28 | ・18・29妻が突然18歳?
a0156825_2358714.jpg


明日から(正確に言うともう今日)3泊4日台湾で~す。

一時病気のように年に3回くらいは海外旅行に行っていたのですが、最近のこの不景気。
さすがの私も、自粛しておりました。

しかし、もうだめ。耐えられない!

a0156825_00247.jpgというわけで、3月の香港に続いて、明日は「台湾」。


しかも台湾はお初。
前回の香港がかなりの不発でしたので、今回は楽しみなんです。



台北市内もよいのですが、私の一番のお目当ては、

そう、タイトルのドラマのロケ地にもなった
九フン!


a0156825_015831.jpgあのドラマでは、しっとりとした雨の雰囲気がとってもよかったですよね。
それにあのころは、ハヌルとヨンハ君との2ショットが多かったような。
二人が一緒になるのかなって一瞬思ったくらいでした。

ガイド付のナイトツアーを選んだので、あのオンエアーのような雰囲気が味わえるかも...

あ~、楽しみです。
思わずあのヨンハ君のテーマ曲口ずさんじゃうかもしれない!

a0156825_0145078.jpg本当はタロコ峡谷や日月潭にも行きたいんですけどね...。
時間の都合で、これは次の機会に!

ところで、九フンといえば、「非情城市」

私の大好きな映画のひとつです。
そして、宮崎駿の代表作のイメージにもなったところですよね。
(と言っても、わたしはあの映画見てないのですが。)

というのも、「オンエアー」からは(かなり?!)脱線しますが、

この映画の主人公の女の子の名前が、実は私と同じ名前(漢字も一緒)。
映画の封切前までは、私の名前を一発で言えた人はほとんどおらず、
この映画のおかげで、名前を言うときも

a0156825_094050.jpg「あの映画の...」

というだけで、わかってくれるし、

今じゃ、香港や中国で、名前を書くと

「ああ~千と~でしょ?」などと話のきっかけもできたりして、
かなり恩恵を受けているのですが、

今までに私と同じ名前の人に会ったことがないだけに、
あの映画の女の子そのもののイメージを受け入れられるのだろうか...

と思うと、なんとなく見たくなくて今日に至っています。
台湾から帰ったら、見たくなるかな...。

4日の午後には日本ですので、5日にはブログ上げられそうです。

では、では、行ってまいります。
[PR]
by marone115 | 2010-05-01 00:02 | ★ラブストーリー