お気に入りの海外ドラマについて、心の赴くままに語ってみたい


by marone115
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0156825_205523.jpg


涼しくなり、まさに 「食欲の秋」ですね。001.gif

ひめかさんちに行ったら、モランボンのチャプチェをご紹介されていたのですが、
私もちょっとマネして、よく作るチヂミの記事を掲載してみることにしました。

最初は説明書どおりに作っていましたが、
何回も作っていると、同じ味は飽きてきますよね~

ってなわけで、いつもちょっとアレンジしていただいてます。

題して
「モランボンチヂミ maroneアレンジ」
と言っても大したことはないです。お料理上手な方から見たら、バカみたい!なことかも。(^^;)

私の場合、自慢じゃないですが、
缶詰や加工食材、レトルトソースなどを使いまくったカンタン手抜き料理
早くできて、それなりにおいしければいい!というポリシー、
読みたい方だけどうぞ~

分量は1袋、2人前分です。

【食材】
☆ニラ→ネギへ変更
夏はニラがたくさんあるけど、年中チヂミを食べたい私...
ニラの代わりに万能ネギ(東海エリアでは草ネギ、関西では青ネギと呼ばれている)を5~7cmの長さに、幅3mmほどに適当に食べたい分切ります。(ネギは5~6本使用)

☆タマネギ、にんじんの分量
タマネギ1個の1/4(直径5-7cmくらい)を皮むき器(ピーラー)でスライス。
*冬は皮むき器(ピーラー)で5cmほどの長さの白ネギをそいで使ってます。
にんじん1本の1/4(長さ5-6cmくらい)を皮むき器(ピーラー)でスライス。

☆お肉系
通常ブタ肉とエビを使ってます。(海鮮で、アサリとエビという取り合わせもいいのですが、
生のアサリを一度沸騰させてから、身を貝殻から出すのが面倒なのでほとんどしない。
チャンスは、アサリの酒蒸しを作ったとき!こっそりチヂミ用に残しておいて入れることも。
(これがまたウマイ)

*ブタ肉はタネと一緒に混ぜず、タネをフライパンに流し込んだ後表面に乗せる。
裏がある程度焼けた後、裏返して数分置くと豚肉の油がでてブタ肉がぱりぱりで香ばしい~。
ってこんなこと誰でも知ってるか!? すみません。f(^_^;

☆キムチを追加!
うちの食卓にはあまり出番がないキムチ。
そのためチョンカ(宗家)キムチの100円のミニカップを使用。
(画像が見つからなくて残念!)
それをそのままパカっと全部タネのなかに入れてぐるぐるかき混ぜます。

最近ではチヂミにこれを入れないと物足りないです。

☆タレ
2人前につき1袋はいってますが、それではとても足りない~
で、そのタレに私は味ポンをどぼどぼ+ぶっかけおかずラー油(適当)+ごま(適当)を足して
作ります。

これで説明書を見ながら作ればできあがりで~す。
よかったら、お試しくださいませ。

*ぶっかけおかずラー油は使えるヤツで、冷奴に、白菜漬けなどにもぶっかけている最近の私のお気に入り食材のひとつでございます。001.gif
[PR]
by marone115 | 2011-09-29 20:24 | ★その他
a0156825_19102174.jpg

製パン王キムタック完走しました。
よかった、大満足です。
なんたって結末が、24話までの記事に書いた私の希望どおりの内容だったんですもん♪
とにかく単純明快、天真爛漫なタックがいいですね。

周囲の人たちを暖かく包み込み、みんなそんな彼の魅力に惹かれていきます。
(ライバルで弟のマジュンすら途中心を許すシーンがあるし。)

復讐は復讐の連鎖を呼ぶだけ。
そんなことを小学校しかいってないタックが教えてくれます。

そして彼は自分自身がどうすれば一番幸せなのか、
誰からも教えられずにきちんと選択していく力をもっているんですよね~

時代やお国柄のせいかこのドラマでも「男尊女卑」が一つのテーマになっているけれど、
タックはそれさえもするりとかわす柔軟さをもっているところもよかったです。

リアルではあるしれないけれど人間の闇のような部分をえぐりだすような後味の悪いドラマが多い中で、
オールドテイストではあるけれど(日本でも過去にはこんなドラマがたくさんあったような)
久しぶりにハートフルな気持ちにさせてくれました。

こんなドラマが韓国でも作られるようになったんですね~。
もっと増えてほしいな♪

こちら、エンディングでよく流れた「その人は」
いい歌です。成長したチョジョウンちゃん(子ども時代のチャングム役)もちらりと登場。


以下25~30話までの感想、ネタバレありです。

More
[PR]
by marone115 | 2011-09-25 19:02 | ★お仕事

ソドンヨつながり~

a0156825_18594333.jpgBS朝日午後3時から放送中の「スカーレットレター」をチラ見していたら...

懐かしいプヨソン@ソドンヨを発見しました。
優柔不断な男の役で。
(ソドンヨでもちょっと抜けてる悪人でしたが、そのキャラちょっとあり。) 

二人の美しい女性に愛されて「どうしましょう」って。
いやあ、ありえない展開...。(笑)

継続して見たい衝動に駆られましたが、無理はやめよう...。
ということで、またの機会にすることにしました。

そういえば、BSフジで放送中のチャミョンゴにも
モンナス博士がチャミョンゴの父王、チェ・リで出演中。
おじさまなのに脱いだら...これがなかなかの筋肉マンなんですね~005.gif
いやあ、見直しました。
こちらは現在テレビ視聴中です。

ソドンヨを最初に見てから早2年...OSTなんか聞いてしみじみしてたら...
最近また朝、再放送してますね。

その日の放送は第6話の「サテッキルの正体」
すでに視聴ずみにもかかわらず、最後まで見てしまいました。
実は私、2年前にこのドラマは結構はまってしまって。

イ ビョンフン監督作品は、 「チャングム」では料理、 「ホジュン」では医術、
「商道」 は(小説がベースになっていますが)ビジネスがテーマになっていて
知的好奇心を満足させてくれるところがいいですね。
(イサン、トンイはいまいちそういう部分がない感じですが)

このドラマの場合は、チャンとソンファ姫の恋がどうなっていくのかも気になりましたが、
前半の「プロジェクトX」みたいな太学舎の「ものづくり」がとても興味深かったですね。

6話では、太学舎が阿佐太子の依頼を受けて鉄のよろいでも壊れない刀づくりをする
という回だったのですが、チャンがきつつきのくちばしをヒントに見事にそれをやってのけます。
これからもときどき見ちゃうかも...
って実は今日は木の年輪の回だったのですが、見てしまいました、また。
[PR]
by marone115 | 2011-09-19 19:09 | ★その他
a0156825_18501284.jpg

ここ数年の間に、我が家の近所に手作りパンのお店が2軒もできました!
一軒はクロワッサン、
そしてもう一軒はミニバゲットを使ったカモンベールチーズのサンドイッチがお気に入り。
両方とも徒歩5分くらいで行けるんですよ。

毎日どちらかのパンを食べているんですが、まさに至福の時間です~

というわけで、このドラマを見ているとパン作りのシーンがでてきますが、
これを見るのがまた幸せです。
とにかくパンがおいしそうだし、楽しそうにそれを作っているキムタックも
かわいい~。053.gif

タックはこれでもか~っていうくらいいじめられるのに、
じっと耐えて、その代わりにっこり笑うんですよね。

どうしてそんなふうに人を憎まないでいられるの?って毎回、特に後半は涙なしで見られません。007.gif

気になるキャスティングですが、

タック役のユン・シユンくんがとにかくかわいい~
若いころのヨンハくんにちょっと似ているような...

そして、
彼の父親ク会長役のチョン グアンリョルssi、若いころの髪型がもうサイコー(爆)
気になってしょうがなかった。あの前髪なんとかして~
10年ほど経ってからの髪型は落ち着いてくれてほっとしました。(笑)

そしてチャングムつながりで、
少女時代のチャングムを演じたチョジョンウンちゃんが、
タックの子ども時代の初恋の相手として登場、

食いしん坊のチャンイは、タックの腹違いの上姉役で登場してますね。

他にもイルジメでジュンギ君に片思いのポンスンことイ・ヨンアちゃんが
パルボン氏の孫娘役で登場。
ポンスンのときみたいなかわいいキャラ。

時代は韓国で学生運動がさかんだった1980年代、
ドラマ「砂時計」を思い出させるようなほろ苦いシーンも興味深かったです。
まだあと6話ありますが、果たしてどうなることやら...


------------------------------------------------------
現在までのあらすじ
(以下ネタバレありです。)

製パンメーカーコソン食品の会長ク・イルチュン(チョン・グァンリョル)は、
妻インスク(チョン・イヌァ)の二人目の子どもも娘だったことから、インスクは姑から責め立てられ、
夫婦仲もぎくしゃくしていた。
そんなときク家の使用人ミスン(チョン・ミソン)がイルチュンの子を身ごもり

インスクに家を追い出されてしまう。
どうしても息子を産まなくては!というプレッシャーの中インスクは、
イルチュンの側近スンジェ(チョ・ソンモ)を誘惑して妊娠、男子が誕生、
イルチュンの子と偽り跡取りとして育てる。

12年後ク会長とミスンの息子タックは母から出生の秘密を聞き、
一時はク会長の元で暮らすがマジュンと仲良くなれない。
そして彼が目障りなインスクとスンジェの策略により、
遠洋漁業の船に売られそうになるところを逃亡。母も行方がわからなくなり、
その母を捜してさらに12年の年月流れる。

ふとしたことからパルボン・ベーカリーに修行に入ることになるが、
運命のいたずらか...
同じ日にマジュンも同じベーカリーで修行することになる。

マジュンは自分の名前を偽っていたが、タックの名前を聞いてびっくり。
最初はあの貧乏人の子どもと相手にしなかったのだが、
次第に皆からかわいがられ、嗅覚のすぐれているため頭角をあらわすようになったタックが
気に入らず、ことごとく彼と衝突する。

それから2年後パン名人の異名をもつパルボン氏から認定書をもらう試験において、
タックは2次試験に合格、姑息な手を使ったマジュンは不合格となり、
マジュンはパルボン・ベーカリーを去る。

そんなときク会長が倒れてしまう。
マジュンを後継者にしたインスクとスンジェはク会長の株式証書を探すが、
すでにタックの元に渡り、タックはコソンへと乗り込んでいく。
------------------------------------------------------
私の希望としては、タックは大企業のコソンの泥沼劇の舞台からさっさと降りて、
パルボンベーカリーに戻り、パルボンの孫娘と一緒になってあのベーカリーを
盛り立てていってほしいんですけど...

どうなるのか...結末は見るまで楽しみに取っておこうと思います。
[PR]
by marone115 | 2011-09-19 18:56 | ★お仕事
a0156825_18392586.jpg

はじめに...
5月からプライベートでPCを開くのがとてもつらくて、
ずっとブログをほうっておきましたが、
7月にハードな会社勤めにピリオドを打ち
やっと今、また再開する気持ちになりました。

またよろしかったら、ご訪問くださいね。♪

というわけで、その第1弾がヘッダー画像の
 「逆転の女王」 2ヶ月ほど前にすでに完走したドラマですが...

再スタートにふさわしいお話じゃないかなと思い、
ブログを書いてみたくなりました。

実はこのドラマ、まったく前情報を入れておらず、
しかもあまり期待もせずに録画してました。

でも見始めたら面白かった~。
恋愛部分はもちろんですが、仕事や会社組織などの問題もなかなか興味深かったです。

以下ネタバレありです。
--------------------------------------------------------------------------------
【恋愛部分】
ジュンス(チョンジュノ)とテヒ(キム ナムジュ)が結婚するけど別れて、また再婚するのかなあ~
なんて思っていたんですが、
ちょっと今までの私が視聴してきたコンサバなストーリー展開と違ってました。
まあ、パクシフssiが失恋するわけないですもんね。

シフssiとナムジュさんの恋愛は多くの方がすでにふれられているので、
ここではあえて触れません。(笑)
私はイジワルなようでジュンスに一途なヨジン(チェ ジョンアン)も
お気に入りでした。
ヨジンにも幸せになってほしかったです。

だから最後にジュンスと結ばれたのはできすぎ~と思ったけど、
ハッピーエンドなのがよかったですね。
---------------------------------------------------------
【仕事部分】
いろんな妨害やイジメにも敢然と立ち向かう強い女、主人公テヒ!には、
もちろんエールを送っていましたが、

私が特に注目していたのが、
出世のためならどんなことでもいとわない!
 ☆ハン常務☆ 
現代版ジャミ夫人@海神???

雰囲気や話し方もジャミ夫人そっくり~(笑)
ジャミ夫人とひそかに呼んでおりました。
髪型こそシンプルなボブスタイルでしたが、
服といい、アクセサリーと言い、超大胆、お派手~

毎回毎回、そのファッションスタイルは、
テヒのステキなピアスとともに楽しみでした。

ハ ユミさん、これから要チェックだわ!
---------------------------------------------------------
【社員たち】
これまた個性派ぞろいでした~。
特にお気に入りだったのが...

☆不治の病で亡くなってしまう平田満、じゃなかったモク部長
最初うざかったけれど、
電車の中で自分の病気のことを話して、企画のプレゼンを任されたユギョンのあがり症の克服に
一役買うシーンは涙、涙。
後半はけっこう主役を食ってたような気がします。

☆ヨンシク(パク シフ)の秘書、カンウ
ヨンシクの後輩のクセにすっごい生意気。でもいざとなると彼を助けるイイヤツなんですよね。
なぜか冬ソナのキム次長やパリ恋のスンジュン秘書を思い出しました。
最後にユギョンとカップルになれてよかったね。

あ、それと私的にはファザコン娘のギップムも憎めなかったですね。
(今視聴中の製パン王キムタックにも出演中)
[PR]
by marone115 | 2011-09-19 18:44 | ★ラブストーリー